自分でなんとかしたい方へ|簡単にできるアライグマ駆除の効果的な方法

アライグマ
この記事は約5分で読めます。
この記事を書いた人
オザワ

害虫・害獣駆除マガジン編集長。祖母の空き家整理の際に、家がネズミの巣窟になっていることが発覚!なんとか業者に頼み、駆除することができたものの、社会問題になりつつあると実感。その時の経験をもとに正しい害虫・害獣駆除の知識を広めようと奔走している。

オザワをフォローする
  • 住み着いてしまったアライグマを追い出したいけど、まず何をすればいいのか分からない
  • 害獣駆除業者に依頼すると高そうだし、できればなんとか自力でどうにかしたい
  • ネットやホームセンターの対策グッズを見てみたものの、どれを使っていいか分からない

あなたの自宅の屋根裏に住み着いてしまったアライグマをどうにかして追い出したいですよね?

なんとか自分で追い出そうと思うものの、対策グッズも色々な種類があって、どれを使えばいいのか、初めての人にとってはなかなか難しいところです。

この記事ではアライグマをなんとか自力で駆除・追い出したいあなたに以下のポイントをもとに徹底解説しています。

  • 効果的にアライグマを追い出すことができる対策グッズとは?
  • 安全かつできるだけ簡単にアライグマを追い出せる方法
  • どのようなケースの場合、専門の駆除業者に依頼するべきか?

アライグマが家に住み着くリスク

1970年代、アライグマはもともとペットとして日本に大量に輸入されました。その後、飼われていたアライグマが逃走し、日本では天敵がいないことから一気に繁殖しました。その繁殖力がすさまじく、2008年には、日本全国でアライグマが発見されるようになりました。

アライグマはその見た目とは違い、日本全国で様々な危害を加えている害獣です。農作物や生ゴミを食い荒らしたり、家畜やペットを襲ったりします。アライグマによる日本の農作物の被害額は、年間3~4億円になるとも言われています。また人の家に住み着いて、騒音や糞尿による悪臭で被害を及ぼします。

自分でできる簡単なアライグマの駆除・対策方法

そんなアライグマを自分で駆除しようとする場合には「忌避剤を使って追い出す」という方法があります。忌避剤とは好ましくない獣や虫を近づけないことを目的に用いる薬剤のことで、ホームセンターや通販などで購入することが出来ます。アライグマの住処や通り道に忌避剤を撒いてアライグマを追い出します。

ただし、アライグマを追い出しただけで終わりではありません。追い出した後は、再発防止のためアライグマの侵入口を防ぐ必要があります。また大量の糞尿の処理も行わなければいけません。これらをすべて自分で行うのは、そう簡単に出来ることではありません。

危険!アライグマを自分で駆除してはいけない3つの理由

アライグマの駆除を自分ですることは止めておいた方が良いです!危険がたくさんありますので専門業者におまかせした方が賢明です。こちらでは、アライグマの駆除を自分ですることがオススメできない理由を詳しく説明していきます。

個人での捕獲や駆除は法律違反

アライグマは「特定外来生物」で駆除対象になる動物ですが、アライグマを許可なく捕獲することは法律上、出来ません。自分で勝手に捕獲することは、罰せられることになりますので注意してください。自治体に申請して許可を得れば、自分で駆除することが可能です。

怪我のリスクと感染症の可能性

自分で忌避剤を使用してアライグマを追い出す場合、自ら屋根裏に入ったり、侵入口を探す作業をしなければいけません。自分で屋根裏の様子を見ようとした際や侵入口を探そうとした時に怪我をしてしまう危険は避けられません。

もしアライグマを追い出せたとしても、大量の糞尿の掃除は自分で行うことになります。害獣のなかでもアライグマの糞尿は強烈な悪臭がすると言われています。掃除をした後には、消毒作業も行わなければいけませんが自分で簡単に出来る作業ではありません。アライグマの糞にはダニやノミがたくさんいます。さらに病原菌となる恐れのある菌がついている可能性もあり、感染症などの病気を引き起こすというケースも想定されます。

根絶が難しく、再発しやすい

アライグマは、6㎝ほどの小さい穴から侵入することが出来ます。縁の下や通風口、屋根と壁の隙間などの小さい穴から侵入します。仮にアライグマの追い出しに成功したとしても、小さい穴を見つけて、再度侵入することがあります。

再発防止のためには、穴という穴を完璧にふさがなければいけません。これらを自分で行うのは非常に難しく、専門業者の技術が必要になります。

またアライグマが住み着いた場合、同じ場所に大量の糞尿をします。その影響で屋根が腐ったりすることがあります。その傷んだ家財の修繕作業も、自分では簡単に出来ませんので専門業者を頼った方が良いでしょう。

まとめ

アライグマの駆除作業は、専門業者に依頼することをオススメします。

自分で駆除をする場合、作業時に怪我をしてしまったり、糞尿に含まれる菌から病気に罹ってしまうリスクなどを伴います。専門業者にお願いすれば、そのような危険性も心配ありません。傷んでしまった家の修繕、大量の糞尿の掃除、その後の消毒作業も信頼して任せられると思います。また一度追い出したアライグマが再び入ってこないように侵入口をふさぐ作業には、専門的な技術が必要な作業になります。素人には、容易に出来るようなものではありません。

特に専門の駆除業者に依頼すれば、「○○年以内に再発した場合は、無料で対応します。」というような保証が充実している場合が多いです。24時間365日電話対応。相談や見積り依頼は無料で、家まですぐに駆けつけてくれるような信頼できる専門業者がたくさんあります。もちろん様々な業者がいますので、業者の選定は慎重に行うべきですが、自分で駆除作業をしようとお考えの人は一度、専門業者に相談することをオススメします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました