自分でなんとかしたい方へ|簡単にできるネズミ駆除の効果的な方法

ネズミ
この記事は約5分で読めます。
この記事を書いた人
オザワ

害虫・害獣駆除マガジン編集長。祖母の空き家整理の際に、家がネズミの巣窟になっていることが発覚!なんとか業者に頼み、駆除することができたものの、社会問題になりつつあると実感。その時の経験をもとに正しい害虫・害獣駆除の知識を広めようと奔走している。

オザワをフォローする
  • ネズミを駆除したいけど、どうすればいいのか分からない
  • 駆除業者に頼むのはお金がかかりそうだし、自力でなんとかしたい
  • 対策グッズを調べてみたものの、どれが効果的かよく分からない

家にネズミが出てしまった時に、どうにか自力で駆除したいところですよね?

ホームセンターやAmazonや楽天などを見てみると、確かにたくさんの対策グッズが売られているものの、どれをどう使えばいいのか素人目ではなかなか分からないはずです。

そこで、この記事ではネズミの駆除方法を自力でなんとかしたい方に以下のポイントをもとにネズミ駆除の方法を解説します。

  • どのような対策グッズを使えば、効果的にネズミを駆除できるのか?
  • 簡単かつ安全にネズミを駆除する方法
  • 自分で駆除する場合と業者に頼む場合の決定的な違い

放置は危険!家にネズミが住み続ける危険性

ネズミは、人の家に住み着いて様々な危害を与えます。人に被害を与えるネズミは、主に「クマネズミ」「ドブネズミ」「ハツカネズミ」の3種類です。

これらのネズミの特徴は、金属、ゴム、コンクリート、木など何でも「かじる」ことです。ネズミの前歯は、1週間で3ミリほど伸びることから、硬いものをかじって歯を削る必要があるため、なんでもかじる習性があります。ネズミが家に住み着いた場合、家の柱や配線、配管、食べ物や衣類にいたるまでをかじられてしまう可能性があります。ネズミにかじられて損傷すると家の価値が下がってしまいます。

最悪の場合、電気ケーブルがかじられてしまって火災が発生。ガス管をかじった時には、ガス漏れを発生させてしまう恐れがあります。また家に住み着いた場合、ネズミが夜中に屋根裏を走りまわる音や鳴き声がうるさいという騒音の被害も発生します。ネズミの糞に含まれる菌により、人間が病気に罹るようなことも起こります。

自分でできる!簡単なネズミの駆除・対策方法

このようにたくさんの危害を人間に与えるネズミですが、自分で駆除する場合はどのような方法があるのでしょうか。

まずは「忌避剤を使ってネズミを追い出す」という方法です。忌避剤とは、害獣・害虫が嫌うニオイや成分で、対象生物が近寄らないようにするために使用する薬のこと。ホームセンターや通販で購入できますので、忌避剤を屋根裏などネズミのいる場所に設置して追い出します。

忌避剤ではなく、「殺鼠剤を使用してネズミを殺傷する」という方法もあります。

また捕獲する場合は「粘着シートを使って捕獲する」という方法があります。こちらもホームセンターや通販で購入できる粘着シートを、屋根裏や床下に設置して捕獲するというものです。どの方法もでも素人がやろうとすると失敗したり、再発防止策が不完全なことが多いという問題は、避けられません。

危険!ネズミを自分で駆除してはいけない3つの理由

ネズミの駆除は専門業者に依頼することをオススメします!

ネズミを自分で駆除することには、たくさんの危険があります。こちらではネズミを自分で駆除しない方が良い理由を詳しく説明します。

怪我のリスクと感染症の可能性

自分でネズミを駆除する場合、屋根裏や床下に自ら入り作業をしなければいけません。不慣れなうえに、高い所での作業もあり怪我をしてしまうリスクは、避けられません。もし駆除できたとしても、大量の糞尿の掃除は自分で行うことになります。

ネズミの糞には、病原菌となる恐れのある菌がついている可能性もあります。その菌が人間に感染して病気に罹るというリスクも充分にあります。また糞尿を処理した後の消毒作業や傷んでしまった家財の補修を自分で行うのは、かなり難しい作業になるのではないでしょうか。

根絶が難しく、再発しやすい

ネズミは、配管、配電盤など、壁を通り抜けて適切に密閉されていない2㎝ほどの穴があれば簡単に出入りします。仮に一度ネズミを追い出せたとしても侵入口を確実に特定して完璧にふさいでしまわないと再発してしまいます。侵入口になる可能性がある穴という穴をすべて自分でふさがなければ再発を防止できません。専門の資材やパテを使用して穴をふさぐ作業になります。

プロによる再発防止策はどのようなものか?

専門業者にネズミの駆除をお願いした場合には、駆除後に「防鼠対策」を行ってくれます。

まずは、ネズミの侵入口となる穴や隙間を、専門資材やパテで埋めます。さらに排水溝にとげのあるブラシを設置して、ネズミの通路を封鎖。広範囲の侵入口には薬品を含ませたビニールシートで覆います。このように徹底的に再発防止を行います。

このように再発防止策は素人には非常に難しく、専門業者の技術に頼った方が確実です。また、専門の駆除業者に依頼すれば、1年以内の再発率は7%とかなり低く抑えることができます。

まとめ

ネズミの駆除作業は、専門業者に依頼することをオススメします。

自分で駆除する場合、作業する際に怪我をしてしまったり、糞尿に含まれる菌から病気に罹ってしまうリスクなどを伴います。専門業者にお願いすれば、そのような危険性も心配ありません。また再発防止対策については、素人ではとうてい出来るものではありません。また専門業者に依頼した場合、保証が充実している業者が多いです。また24時間365日電話対応。相談や見積り依頼は無料という安心して依頼できる専門業者もたくさんあります。もちろん様々な業者がいますので、選定は慎重に行うべきです。自分で駆除作業をしようとお考えの人は一度、専門業者に相談されてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました